EXHIBITION

ARTIST

usaginingen usaginingen
沖縄の子供たちと紡ぐ物語

昨年の「やんばるアートフェスティバル」にて、地域の子供たちから「おきなわ」をテーマにした物語を募集し滞在制作した作品「きせきのデイゴ」と、活動の拠点としている瀬戸内海の離島、豊島にかつて高度成長期に起こった産業廃棄物不法投棄事件、通称豊島事件を題材にした「トンビ 魂の鼓動」の2演目を披露。
また2021年9月から実施中の全国ツアー(北海道~沖縄)を締め括る最終地点のやんばるの地で、全国行脚のライブパフォーマンス活動から感じたものを総括する。

展示会場

大宜味村立旧塩屋小学校

PROFILE

  • usaginingen

    自作の映像機と楽器を使った夫婦パフォーマンスユニット、usaginingen(ウサギニンゲン)。
    2011年にドイツ・ベルリンで活動を開始。2016年に瀬戸内海の離島・豊島に拠点を移し劇場をオープン。
    アナログとデジタルを独特の手法で組み合わせたパフォーマンスは各国で高い評価を得ており、
    2014年にReykjavik Visual-Music Festival(アイスランド)のライブシネマ部門でグランプリなど受賞歴多数。
    2021年にApple Japanの広告キャンペーン~macの向こうから~に登場。これまでにヨーロッパ、ロシア、北米、中国等23ヵ国で公演。
    芸術祭、音楽祭、映画祭や教育機関などで幅広く活動中。近年は劇場のある豊島を拠点に、
    パフォーマンスに留まらず島の合宿や公園づくりによる社会活動、ワークショップ、オンライン配信など様々な活動をしている。

INFORMATION

一覧に戻る