EXHIBITION

ARTIST

エルダル・インシ Erdal Inci
Clones Project 2009-2015

エルダル・インシのアート活動は、公共空間や集合的な記憶一般について考察するものです。ビデオ作品では、公共の場でパフォーマンスをする自分を撮影し、新しい振り付けの方法を模索しています。
パフォーマンスの連続した瞬間を重ね合わせ、タイムラインを弄ることで、動きのパターン全体が彼のビデオの中で見えるようになります。自分が歩いたり走ったりする様子を撮影して、リズミカルな動きを得る。後に、それらの単一の行為はゲシュタルト効果を持つ移動パターンに変わり、全体としてはパターンは一つの生物のように振る舞います。
そのうち、自分がパフォーマンスを行う環境について考えるようになりました。人的資源やその他の制作費の制限を受けずに、一人で大規模なパフォーマンスの振り付けができる大きな公共スペースを探すようになりました。結論から言うと、彼の作品のほとんどは空間そのものがコンテクストを決定します。
彼は一般的に、街の風景や公共の広場をフレームの舞台として使用します。彼は「私は、空間が私に特定の振り付けを想像させるきっかけとなる方が好きです。また、私はこれらの場所を、私たちが慣れ親しんでいる混沌とした群衆から切り離したいと思いました。私はフレームの中に見える建築物と、私たちの認識の中にあるその歴史によって作られた時間枠に、ある種の中断された時間を加える方法を探しました。

展示会場

大宜味村立旧塩屋小学校

PROFILE

  • エルダル・インシ Erdal Inci

    1983年トルコ、アンカラ生まれ。現在はイスタンブールを拠点に活動を行う。
    ハセッテペ大学で絵画を学んだ後、写真、フォトグラメトリー、ビデオ、デジタルアートなど、さまざまな媒体を使って作品を制作。
    彼のアート活動は、公共空間や集合的な記憶を鑑賞することで、ビデオシリーズ "Clones Project "では、公共の場でパフォーマンスをする自分を撮影し、新しい振り付けの方法を模索した。また、ストリートカルチャーを反映した儚い路上のオブジェや空間を3Dスキャンすることに焦点を当て、共同で設立した "Oddviz collective"では、デジタルレプリカやインスタレーションを制作。
    釜山ビエンナーレ、タイムズ・スクエア・ミッドナイト・モーメント、ミラノ映画祭、オランダ・アニメーション・フェスティバルなど、数多くの展示会やフェスティバルに参加し、5つの個展を開催。2016年からは、アーティスト集団Oddvizとして3Dドキュメンテーション、ビジュアライゼーション、バーチャルインスタレーションの制作に注力している。

    © Nazli Erdemirel (TR)

INFORMATION

一覧に戻る