Venue

大宜味村役場旧庁舎

大正14(1925)年に竣工した、沖縄に現存する最古の鉄筋コンクリート建築。役場庁舎としては全国的にも先駆的な事例として注目され、平成9年に県の有形文化財(建造物)に指定。清村勉による画期的な設計は、沖縄の気候や風土を十分に考慮し、台風による風圧を軽減する目的の八角の平面形状など優れた特徴を持っている。沖縄戦もくぐり抜け、村のシンボルとして時代を見つめ続けてきた建造物。展示作品とともに味わいたい。

開場時間
11時~17時
休館日|毎週火曜日/元旦/1月2日