『父をたずねてやんばーる』上映会

Screening of 『Chichi O Tazunete Yambaaru』

1月20日(日)

このイベントについて

琉球芸能の組踊「花売りの縁」は、父(森川の子)を探して首里からやんばるへと旅をする母(乙樽)と子(鶴松)の道中記です。物語の中には、いつか父が暮らしていた津波村や家族との再会を果たした田港村など大宜味の村々が登場します。また旧塩屋小学校の裏手には、土着的な信仰と結びついた森川の子を祀った祠があります。本作は、作家たちが首里からやんばるまでの道のりを母と子に仕立て上げた人形を手に旅し、その道中での出会いを写真に記録した映像作品(スライドショー)として、アートフェスティバル最終日のクロージングイベントにて披露されます。なお、本プロジェクトはやんばるアートフェスティバル2019-2020に向けて、やんばるの祠のリサーチの出発点として制作します。

アーティストプロフィールはこちらから

※雨天・荒天の場合は旧塩屋小学校 体育館にて上映

日程

1月20日(日)18:00~

会場

大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)裏手の祠前

参加費

無料

About this event

Ryukyu performing arts dancers “Hana uri no en”, search for father (child of Morikawa) from Shuri to Yambaru is a traveling journal of mother Otaru and her child Tsurumatsu. In the stories are villages in the Ogimi area such as Tsunami Village, where the father lived sometime, and Taminato village where the family reunited . At the back of the former Shioya Elementary School there is a shrine dedicated to the child of Morikawa who has been associated with indigenous faith.
This work marks the final day of the art festival with video work (slideshow) that artists travelling from Shuri to Yambaru took with hands dolls tailored as mother and child and photographed their encounters on the way. It will be shown at the closing event. This project serces as a starting point for the Yambaru’s shrine research towards the Yamibaru Art Festival 2019-2020.

Date

January 20 (Sun) 18:00〜

Venue

Ogimi Village former Shioya Elementary School (Ogimi Utility Center) ong the backside infront of the shrine

Entrance fee

Free

※In case of bad weather the screening will be held in the former Shioya Elementary School gymnasium.