Craft

クラフト部門

シーサー陶房大海|Shisa Tobo Ohgai

災いから守り、幸福を招く縁起物として、民家の門や玄関などに置かれるシーサー。

大海氏のシーサーは手ロクロを使った「手びねり」で作られるためすべて一点もの。躍動的な姿と鋭い眼差しで迫力たっぷり。

会場
大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)

東京都出身の大海陽一による陶房。

壺屋焼窯元・島袋常栄に師事したのち、1993年に独立。2003年からは拠点を大宜味村に移し、2015年に共同登り窯「大宜味窯」を築窯。以来、手びねりによるシーサーを中心に、陶芸活動に励む。