Craft

クラフト部門

花藍舎|Karansya

琉球藍で染めた糸を手織りして仕上げる「花藍舎」の作品。原料にはやんばるの上質な泥藍を使い、藍建ては昔ながらの木灰で。何日もかけ何度も染め重ねるなど、こだわりの手仕事から生まれた美しい藍色に惚れ惚れ。

会場
大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)

大阪府出身の宮良千加による染織工房。

 

バリのイカット(絣の布)に魅了され、織物職人を目指し沖縄へ移住。小浜島の成底トヨに師事し、泥藍づくり、機織りなどを学ぶ。沖縄県工芸振興センターにて花織、組織織などを習得。2012年、うるま市に「花藍舎」を設立。