Craft

クラフト部門

紅型工房べにきち|Bingatakobo Benikichi

紅型をもっと身近に感じてもらいたいと、紅型をスキャンして紙に印刷した「琉球の魚」ポスター。

海に素潜りしたり、水族館で観察したり、生きる魚を2年かけて調査。表情豊かな49種の沖縄の魚が色彩豊かに泳ぐ。

会場
大宜味村立旧塩屋小学校(大宜味ユーティリティーセンター)

兵庫県出身の吉田誠子による紅型工房。

沖縄県立芸術大学デザイン工芸科染色コースを卒業後、さまざまな工房で紅型の技術を学び、2010年瀬底島に「紅型工房べにきち」を構え、独立。現在は、パネル作品を中心に制作している。