福本健一郎

Kenichiro Fukumoto

プロフィール

1986年、広島県出身。東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。東日本大震災後の2012年、東南アジアの原生林を旅し、その生命力と循環を目の当たりにすると同時に、自分が葉っぱや石の一部のように感じられる経験をし、それ以来、生と死の連続性と永続する自然、時空を超える生の記憶を考えながら絵画と彫刻を制作。また、様々な土地の民芸品などからインスピレーションを得て、異なる文化の中で、人類に共通する思想や表現方法を吸収しながら、新たな造形や表現の可能性を模索している。

展示作品
あめつちのかけら

熱帯の植物や奇岩などのやんばるの風景と呼応するような木彫とセラミックの彫刻を制作。やんばるの海辺で拾った流木などの自然物を使って、現地で滞在制作した作品も展示する。

PROFILE

Born in Hiroshima in 1986.  He got his major at Tokyo University of Arts.  After the Eastern Japan Earthquake and Tsunami, in 2012, he sojourns into the primeval forest of South East Asia and feels the essence and the circulation of life in nature.  Ever since then, he paints and carves thinking about how Nature grows through an everlasting cycle of birth and death. Traditional crafts from different cultures also inspire his work as well as the lifestyle and similar beliefs.

The Exhibition
AME TSUCHI NO KAKERA (Pieces of Earth)

The masterpiece carved from wood and ceramic that fuses flawlessly into the scenery of Yambaru.  More work made from natural things like driftwoods picked up from the beach of Yambaru will be displayed as well.