仲本 賢

Masaru Nakamoto

プロフィール

1964年、沖縄県出身。筑波大学大学院修士課程芸術研究科デザイン専攻総合造形分野修了。メリーランド美術大学大学院修了芸術修士号取得。現在、沖縄県立芸術大学教授。映像デザイン、パブリックアートなどの分野で教鞭をとりつつ、みずからもアート作品を制作し、国内のみならず、アメリカ、スイスなど、国外においても積極的に個展を開いている。著書に『栄町-ポラントリュイ肖像写真集』(ガイア出版)、『メルカトル・パノラマ』(英治出版)など。

展示作品
大宜味村人看板計画 2018

2000年に「文化のまちづくり事業」の一環として開催した「佐敷町人看板計画」の会場を大宜味村に再現する企画。村民一人一人を撮影したものを映写機でベニヤ板に投影し、等身大の人型の白い看板(かかし)を50体以上制作する。沖縄を代表する織物の芭蕉布を生産していることでも有名な喜如嘉地区を会場とし、同地区の自然と人をアート作品としてアーカイヴ、土地のもつ本当の魅力を伝えるためのプロジェクト。

PROFILE

Born in Okinawa in 1964, he got his master’s degree in arts from the University of Tsukuba and University of Maryland Department of Arts.  He is currently a Professor at Okinawa Prefectural University of Arts. He teaches visual design, and public art while creating his own as an artist.  primarily in Japan he also holds exhibitions in the United States and Switzerland. He published 「Portrait Photo Collection of Sakai village」from GAIA publishing and 「Mercator/Panorama」from British publishing.

The Exhibition
Villagers of Ogimi Billboard Plan 2018

This Plan was first introduced as part of the 「Cultural Community Development Plan」in Sashiki town, Okinawa in the year 2000.   The plan was to take pictures of each resident and print it onto 50 white plywood shaped as a scarecrow.
We will carry out this plan having Kijyoka district (famous for manufacturing Bashoufu, a fabric woven from the fiber of a banana tree) as the venue.  The project is to make us feel closer to the beauty and wonders of nature and everyone living in that region.