仲程長治

Choji Nakahodo

プロフィール

1959年石垣島生まれ。那覇市在住。20代の頃より、沖縄県内であらゆる分野のアートデザインを手がける。2008年、写真家としての活動を本格的にスタート。2011年までに沖縄、東京、韓国、スイスにて写真展覧会を開催。2009年に創刊した沖縄のカルチャーマガジン『モモト』では、専属写真家とアートディレクターを2017年まで務めた。2018年秋、初監督作品『Nyaha!(ニャハ!)』が完成。現在、西表島の自然と暮らしをテーマにしたドキュメンタリー映画(2020年公開予定)を制作中。

展示作品
すでる ~古琉球のMetamorphose~

「古琉球の自然観、死生観をテーマにしたインスタレーション。「すでる」とは、変態、再生(メタモルフォーゼ、生まれ変わり)を意味する琉球の言葉です。先史時代の島人は行き来する(くる・かえる)という概念の他に、脱皮・変態する、生まれ変わる(すでる)という概念で「あの世」と繋がっていました。サンゴや貝や蝶といった島の動植物は自分たちの祖先であり、いつか生まれ変わる「トーテム」であると捉えていた島の女性たちは、その文様を手の甲に描いて誇りにしていました。いま失われつつある琉球孤特有のデザインと、それを支える豊かな精神文化の復興を願い、表現します。

作品解説|喜山荘一、谷川ゆに

PROFILE

Born in Ishigaki Island in 1959, presently living in Naha.  Working in art design from when he was in his twenties. He made photography his profession from 2008, from then he toured Tokyo, Korea, Switzerland, and Okinawa holding exhibitions of his work until 2011.   He launched a local culture magazine 「Momoto」 and acted as art director and exclusive photographer from 2009 to 2017. He completed his first directing movie 「Nyaha!」 in the fall of 2018. He is currently filming a documentary movie based on the nature of Iriomote Island plan to be released in the year 2020.

The Exhibition
SUDERU (Metamorphose of ancient Ryukyu)

The theme is on how the people of ancient Ryukyu Kingdom viewed the value of life and death through nature.  The word 「SUDERU」 means metamorphose and rebirth in the language of Ryukyu. The Forefathers of the island believed life repeatedly leave and return from the other world to this world transforming itself into other forms.  The people felt intimately connected with heaven under this idea. The corals, shellfish, butterflies, and all the plants and animals of the island are our ancestors. The women of the ancient Ryukyu prided themselves with a tattoo on the back of their hand with images of the animals and plants made into a totem.  My wish is to revive the spiritual culture and the nature supporting our life through the forgotten original designs of the Ryukyu Kingdom.

Commentary by Souichi Kiyama and Yuni Tanigawa