飛生アートコミュニティー

TOBIU ART COMMUNITY

プロフィール

旧飛生小学校(北海道、白老町)を活用して、1986年に設立された共同アトリエ。おもに作品の制作や展覧会、イベント開催の他に多様なプロジェクトを実施し、世代を継いで現在まで様々なアーティストと多くの有志たちによって活動を続けている。近年は校舎と周囲の森を一般開放して大々的に開催する「飛生芸術祭」、そのオープニングとして24時間全天候型の”森と人との百物語”をテーマとした「TOBIU CAMP」を開催。企画制作および運営にいたるまで、多領域の分野から集うメンバー自身によって自主制作されている。

展示作品
Yambaru NEST(ヤンバルネスト)

「北(トビウ)と南(ヤンバル)を鳥の巣でつなぐ作品。北海道の旧飛生小学校(白老町)で2011年から開催されているTOBIU CAMP。その舞台となる飛生(とびう)の森には、森の主であるTupiu(トゥピウ)という黒い鳥がいると言われ、その鳥を迎える大きな巣「Tupiu NEST」があります。この度、旧塩屋小学校(大宜味村)の校庭にあるガジュマルの周辺にも大きな鳥の巣が出現します。巣の周辺にはガジュマルの精霊であるキジムナーの気配を感じることができ、ブランコやくつろぐスペースも提供します。黒い鳥Tupiuが北海道からネマガリダケなどの素材を運び、沖縄の素材とミックスしてつくる鳥の巣と周辺の空間をお楽しみください」


INFORMATION
野外ライブ、パフォーマンスイベント「やんばるコタン」

日程

12月15日(土)/ 12月16日(日)

会場

大宜味村立旧塩屋小学校 校庭
※期間中に随時実施

PROFILE

The building of the former Tobiu Elementary school (Hokkaido) got converted to a cooperative atelier established in 1986.  We carry out diverse projects that intertwine artists and volunteers of different generations. Every year we hold TOBIU CAMP, a camping event having the theme of “Hundred stories of Forest and Man” to kick off Tobiu Art Festival the next day that opens the school building and the surrounding forest to the public.   

The Exhibition
YAMBARU NEST

The Birds Nest is connecting the North (Tobiu) and the South (Yambaru).  There is a large nest in the forest surrounding the former school building where Tobiu Camp takes place that has the tale of a blackbird called Tupiu, the ruler of the woods.  The large nest is the home of Tupiu.
A large bird’s nest will appear around the giant banyan tree in the school ground of Shioya. Tupiu will build a nest fusing the materials he brought from Hokkaido and Okinawa. There will be a relaxation space provided around the nest with swings to sway on and you should be able to sense the presence of Kijimuna, the spirit of the banyan tree in the vicinity of the nest.  


Information
Outdoor Live, Performance Event Yambaru Kotan (Society)

Date

December 15th (SAT) and 16th (SUN)

Place

At former Shioya Elementary School (School ground)