アーティスト

エキシビション部門

椿昇

Noboru Tsubaki

プロフィール

1953年、京都府生まれ。現代美術家。京都造形大学美術工芸学科長・教授。1989年、全米を巡回したアゲインスト・ネーチャー展、1993年、第45回ヴェネチア・ビエンナーレに作品を出品。2001年の横浜トリエンナーレでは、巨大なバッタのバルーン《インセクト・ワールド-飛蝗(バッタ)》を発表した。ポップでありながら社会的メッセージの強い作品で知られ、アメリカ同時多発テロ事件をきっかけとした「UN APPLICATION PROJECT」、東日本大震災復興のための「VITAL FOOT PROJECT」など、時勢に応じたプロジェクトを展開している。