谷村紀明

Noriaki Tanimura

プロフィール

1988年、京都府生まれ。墨絵アーティストとして、妖怪画を中心に国内・国外で活動中。広告、デジタル、映像、ファッション、CDジャケットデザイン、ブランディングなどを手がける。Lürzer’s ARCHIVE 200 Best Illustratorsに選出。アートディレクター/イラストレーターとしてプロジェクトに参加した「石けんで洗って学べる絵本」がグッドデザイン賞を受賞。

展示作品
GAJYUMARYU

強い生命力を持つガジュマルの樹をモチーフに、強いパワーを持つ龍を描く。やんばるを災害から守り、人々の心にやすらぎや自然のパワーを与える。巨木の鼻 には、幸せをもたらす精霊のキジムナーが宿る。

PROFILE

Noriaki Tanimura was born in Kyoto in 1988. renowned for his ink and brush paintings of Yokai (Japanese supernatural creatures) throughout Japan and abroad.  He also works on advertising, digital, visual, fashion, CD jacket design, and branding. Chosen as one of Lurzer`s ARCHIVE 200 Best Illustrators. An illustrated book he directed “Washable Book.”  won the good design award this year.

The Exhibition
GAJYUMARU

Having the vigorous banyan tree as a motif, Tanimura paints a mighty dragon.  It protects the forest of Yanbaru from disaster and gives peace and strength to people’s heart.  At the nose of the large tree lives a spirit named Kijimuna who brings happiness.